アトサヌプリ北東山麓ライブカメラ(北海道弟子屈町)

シェアする

アトサヌプリ北東山麓ライブカメラは、北海道弟子屈町のアトサヌプリ北東山麓に設置されたアトサヌプリが見えるライブカメラです。火山カメラ画像を2分おき更新し過去画像も配信。気象庁によるライブ映像配信。地震計・空振計・傾斜計・GPS・遠望カメラの位置も掲載。

右にある「観測点」をアトサヌプリ北東山麓に変更すると火山カメラ画像のライブカメラが確認できます。

アトサヌプリ北東山麓

上記画像はライブカメラ撮影先のイメージです。画像をクリックするとライブカメラのページへ移行します。

スポンサーリンク
レクタングル大

北東山麓からアトサヌプリが見えるライブカメラ。

ライブカメラ映像情報

上空や空模様、国道や峠といった道路の路面状況、河川の水位など、現地の様子をリアルタイムによる生中継または録画による静止画で確認する事ができます。

ライブカメラの映像先・方向

  • アトサヌプリ

地震計・空振計・傾斜計・GPS・遠望カメラの位置

アトサヌプリ

アトサヌプリの概要

約3.5~2.5万年前に形成された、屈斜路カルデラ(東西26km、南北20km)の中央部に位置するカルデラ(アトサヌプリカルデラ、直径約4km)を有する安山岩質外輪山と、約2万年前にカルデラ形成が完成した後に1.5万年前以降にその内外に噴出した10個のデイサイト(SiO2量は63.3~72.6 wt.%)の溶岩ドーム群からなる。溶岩ドーム群は、約7000年前の摩周カルデラ形成期よりも古いものと新しいものに大別される。古い溶岩ドームには、ヌプリオンド・丸山・274m山・ニフシオヤコツ・トサモシベ・オプタテシュケがあり、新しい溶岩ドームには、マクワンチサップ・サワンチサップ・リシリおよびアトサヌプリがある。アトサヌプリは別名「硫黄山」と呼ばれ、溶岩ドームには昇華硫黄を主体とした硫黄鉱床が多数形成され、1963年まで採掘されていた。現在も噴気活動が続いている。

気象庁ホームページより

ライブカメラ概要

名称

アトサヌプリ北東山麓ライブカメラ

URL

http://www.data.jma.go.jp/svd/volcam/data/volc_img.php

右にある「観測点」をアトサヌプリ北東山麓に変更すると火山カメラ画像のライブカメラが確認できます。

設置先情報

設置先名称

アトサヌプリ北東山麓

設置所在地

北海道弟子屈町

設置先周辺地図

ライブカメラ映像情報

配信種類

静止画

配信時間・配信期間

24時間365日

配信方法

独自配信

更新間隔

2分

ライブカメラ機能・操作情報

カメラ方向切り替え

不可

カメラ拡大・縮小

不可

過去の映像・画像

あり

配信元・管理元

配信・管理

気象庁

アトサヌプリの関連ページ

気象庁

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/sapporo/104_Atosanupri/104_index.html

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

アトサヌプリ北東山麓ライブカメラ(北海道弟子屈町)
この記事をお届けした
ライブカメラDBの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!